AromaOlfactory web site

アロマスティロエッセンス 精油5つの香り9月15日一般発売開始しました

アロマスティロ エッセンス

  1. 【手軽にアロマ!】プロの調香師が作った、精油をインクに入れた香りマーカーペン5つの香り
  2. 【仕事や勉強で気分が上がる!】書いた文字、イラストから精油の香り薫る
  3. 【ペンで香りをブレンド!】複数のペンを使って香りのブレンドが楽しめる

色を塗るたび精油の香りがほのかに香り、アロマが手軽に楽しめます。
仕事中、勉強中に、気分によって香りを使い分けできます。
香りで気分転換!
ペンケースに入れて持ち運べる手軽さです。

キャップを外してにおいを嗅ぐ、ペンで文字を書く、線を引く。
キャップをすれば、本体からにおいはほとんど感じません。
本体からにおいがもれないのが特徴です。

インクの色は精油のイメージカラー。
今日の気分は木の香りセダーウッド・・。
ゆっくりしたい日にラベンダー・・・・。
その日の気分で使い分けてみてください。

液体の精油は取り扱いが不便。
誰でも手軽に使える香りを目指したら、ペンにたどり着きました。
ペンは誰でも使えますよね。
使い方はマーカーペンといっしょ。
特別な準備も必要ありません。

受験生の気分転換に使って欲しい!
デスクワークの気分転換、香りで落書き。
集中して作業した後の休憩時に。
使って気分を変えてみてください。

大手文具メーカーの製品も手がける国内に工場を持つ会社に製造委託。
製造は信頼のおける日本製 メイド イン ジャパンです。
自社でアイデアから製品化検討した、自社開発品です。

精油を高含有させるのは簡単そうで意外と難しい。
製造会社とのコラボワークで製品化が実現しました。
見た目は単純、裏でたくさんの失敗。
失敗を乗り越えようやく製品化しました。
ペンの製法・使用法は特許出願中です。

複数のペンで文字を書き、線を引き、イラストを描く。
精油の香りが混ざって新しい香りを創り出します。
イラストを描いて香りを創る。
どんな香りにしようか・・・。
香りでイラストを描くって楽しいです。

香りのブレンドって敷居が高そう・・。
でも、ペンを使えば簡単に体験できます。
イラストに香りを添えて。
仕事中に「お疲れさま」の意味を込めて香りのイラスト。
工夫次第で使い方が拡がります。
あなたならどう使いますか。

絵が得意でない人には線の長さを変えて香りをブレンドがオススメ

ラベンダーは長めに引き、香りを多めに・・。
レモングラスは半分くらい。
バラの香りに似たゼラニウムは少し多めに。
木の香りのセダーウッドは少なめ。
スパイシーなクローブを少し多めにして。

色々試してお気に入りの香りを創ってください。
絵やイラストが大きくなると香りは強くなります。

<インクの裏抜け>
アルコール系インクの性質上、薄い紙は色が裏抜けしやすいのでご注意ください。
例)有名メーカーのふせん・・・やや裏抜けします
海外有名メーカーノート・・・薄い紙は裏抜けしやすいです
裏抜けが気になる場合、厚さのある紙をご使用ください

*違う種類のペンで上書きはしないでください。ペン先に違うペンの香りが付いてしまいます。そんなときは何度か線を引くなどすれば香りは取れてきます。
*キャップ色はインク色に準じていますが、やや色目が違っております。(ご了承ください)
*ペン立てにペンを立てて保管するとインクの出が悪くなることがあります。
ペンは横置きにして保管してください。
インクの出が悪いときはしばらく横置きに保管してからご使用ください。

Q.香りペンは昔からありませんか?
A. アロマスティロはアルコール系インクで精油(香料)を高含有しています。

Q.塗った香りはどれくらい持ちますか?
A.香りは精油にもよりますが、においの持続時間は長くて数時間です。フレグランスのお店で香りを付けてもらったムエット(試香紙)と同じように、香りは徐々に消えていきます。
厚手の紙、画用紙など厚さのある紙の場合、香りの持続時間は長くなります。

Q.香りを持続させる方法はありますか?
ビニールの袋などに密閉して入れておくと香りの持続時間は長くなります。ノートの場合、ノートを閉じると直接空気に触れる事がなくなるので香りの持続時間が長くなります。